週刊アール neo 2

lester.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 12日

奈々ちゃん、久しぶり!+ ビル・モンロー

ここ暫く会っていなかった奈々ちゃんと会いました。
アールとは、一ヶ月違いの同じ年。
幼なじみのような雰囲気でもあります。

奈々ちゃんは、犬世界の常識としては、平均的な時間帯の朝散歩。
アールは、・・・遅い時間の朝散歩(爆)。

この朝は、日曜日という事もありピッタンコになりました。
体重差、3倍以上です〜。
d0238057_22421254.jpg


変なオバサンに拉致される奈々ちゃん。 アールも鼻でツンツン!
d0238057_22423696.jpg


ひとしきり遊んで、奈々ちゃんは帰りました。
アール、あからさまに淋しそうな表情に(笑)。
d0238057_22424964.jpg



ウマが合うというか、犬が合うというか、、、ずっと仲良しの二人です。
また、会えると良いね!
コラ!アールの飼い主、、、もっと早起きせーや!!


=============================================================

ブルーグラス音楽の父ビル・モンローが9月13日で、生誕100周年を迎えます。
関係ないけど、バクハツおじさん岡本太郎も今年が100年目だったと思います。
ビルモンは、1996年9月9日に85才で亡くなっています。

ところで、先日の放送、ちょっとマニアックでしたね。
軽〜〜く、ブルーグラスが聞ける番組でもあると良いのですが。なかなか。

d0238057_231644100.jpg
                  ビルモンの愛犬ストーミー?だったかな。


以下、生ビル.モンローを見に(聞きに)行った時の写真です。
もうちょっとマシな写真もあったのですが、どれも行方不明です。

この会場のサンセット・ジャムセッション(夕方にプロもアマチュアも入り乱れて
その辺りで合奏すること)で、まだ幼かったアリソン・クラウス
(グラミー受賞者)を見たような気がする私です。

これは、ビル・モンローのステージに、おねえさんが乱入して
マイク・スタンドを蹴飛ばした・・・のではなく、
ダンスを踊っている最中に勢い余って蹴飛ばした瞬間です。
左から3人目がビルモンです。
d0238057_2325988.jpg


インディアナ州の田舎町ビーンブロッサム(豆の花)。
ビルモン主催のフェスティバルです。皆、キャンピングカーやキャンプで宿泊。
5日間開催されていました。1日券12ドルでした。当時、ドルは230円くらいだったと思います。
d0238057_23333923.jpg


これは、夜のステージ。
演奏を終えたビル・モンローがステージを去る時に、手だけを出してバイバイしてるところです(笑)。
d0238057_23381187.jpg

・・・しかし、ビル・モンは濃い・・・・
 1984年6月、第18回Bean Blossom Bluegrass Festhival   Photo by billmon
[PR]

by billmon45 | 2011-09-12 23:47 | アール


<< 秋なので・・アート!?      号外:こんなんエエわ〜! >>