2011年 10月 16日

ルビーちゃん

時々、朝の公園で出会うルビーちゃん。
人間大好き。
大きな身体をくっ付けて来て、人間(私)の顔をじ〜〜っと見上げる。

アールが「走ろう!」って言っても・・・・(笑)。
d0238057_122326.jpg


d0238057_11583655.jpg


d0238057_1242345.jpg

でも、それはそれでルビーちゃんの性格なんだもんね。
仲良くしてくれるのが一番。
ルビーちゃんのギロチン・チョップ!(以前の写真)
d0238057_1284466.jpg


こんな距離でもお互いに問題ナシ。アールのボールをくわえているルビーちゃん。(以前の写真)
d0238057_12112417.jpg



しょっちゅう会えるわけではないけれど、こうした時間は私達飼い主も楽しい。
普段の生活でも飼い主とワンの関係をしっかり保っていれば良いかなと思う。
だから、アールにはドッグ・ランは必要ない。

週刊アールneoに来訪してくれる方の中にもドッグラン利用者もおられると思いますが。

私には、ドッグ・ランのフェンスが「金網デスマッチ」(格闘技の)の金網に思える事がある。
楽しい出会いばかりではない・・・と聞く、ドッグ・ラン。

デビューしたての子ワンには、それ以後の性格にまで影響を及ぼす事件も起きる。
軽い気持ちでガウったとしても、ガウられた側の子ワンはたまったものじゃない。
ワンに「ごめんね!」は通じないのだ。

無料のドッグ・ランには、大型犬も小型犬も一緒に入っていたりする。
ドッグ・ランの事を「ドッグ乱」と表現する犬の訓練士もいる。

遊んでくれる友ワン、遊べる場所がある事に感謝して・・・・。


別れは、ちょっと淋しいのだ。あはは!
d0238057_12331534.jpg

      またね、ルビーちゃん。
[PR]

by billmon45 | 2011-10-16 12:36 | アール


<< 深まる秋・・・      ブルーグラス音楽(私達の名前) >>