週刊アール neo 2

lester.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 12日

犬と暮らす喜び

<写真は、「寄り道シリーズ」です>


・『おせちオードブルを注文するアール』  私「いらんで〜!」
d0238057_1314311.jpg


犬を飼うにあたっては、それぞれ色んな思いがあると思います。
「可愛いから」「寂しいから」「縁があってもらったから」「番犬にしたいから」etc.
そして、飼い方にも色んなスタイルがあるみたいです。

私がアールを飼っているのは、、そうだなぁ、、
良く言えば「相棒」のようなもので、ストレートに言ってしまうと「遊び相手」になってしまうのかも(爆)。
ま、「可愛いから」という理由は外れてしまいますね。大体、ラブラドールってオッサン顔だし。
勿論、飼い犬としての可愛さというのは感じていますよ。 うぷっ。

最初の頃、犬とダンスする飼い主さんを見て、不思議に思っていました。
「いくら自分が望むからと言って、犬にダンスは、ねーだろう!」なんて。
でも、長く生活を共にしていると、犬の「喜び」って何だろうと思うようになりました。

飼い主と一緒にいて、例えばボール遊びにしても、ある意味、
飼い主と飼い犬の共同作業的なものであるし、その中に犬も大いなる「喜び」を感じ、
飼い主も犬と一緒に遊ぶ「喜び」を感じている。

そうしてみると、一緒にダンスする事も、ボール遊びする事も一緒なんだと
思えるようになりました。単に手段の違いだということ。

人間と犬の付き合いの歴史は、1万5千年とも言われています。
現在生きている犬(犬種)達は、殆どが人間が作り出したものと言えるでしょう。雑種にしても。
これは、明らかに他の動物達とは一線を画するものだと思います。

犬達は、人間との共同作業に喜びを感じます。
(裏を返せば、そのような付き合い方をして来たという事でもあるとは思いますが)


・『岡持をチェックするアール!』  私「親子丼か?」
d0238057_132157.jpg


色んなカタチで飼い主さん達は、犬との生活を楽しんでいる事と思います。
犬にとって無理のないカタチでやって行ければ最高ですね。
飼い主側からの一方通行にならないように気をつけなければなりませんが。

人間と犬の寿命サイクルは大きく違います。
ず〜っと一緒にはいれないけど、こうして出会えた事に感謝して、
・・・・・・・思いっきり・・・・・遊ぼうぜ〜!!! がっはは〜!


・『オープン前のおとなりさんもチェック!』  私「まんだ早いわ!」
d0238057_1321435.jpg




[PR]

by billmon45 | 2011-12-12 14:28 | アール


<< 大きなラブラドールに      たまげた!! >>