週刊アール neo 2

lester.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 25日

ドイツの犬達

昨夜、NHK-BSで・・・・
旅のチカラ「犬の幸せって何だろう… 浅田美代子 ドイツ・ベルリン」
という番組を見ました。

お国によってこんなに犬の環境が違うのかと驚いた。
先ず、ドイツでは殺処分される犬が0だと言う事。(日本は年間数万頭が殺されています)

犬を飼うのに「犬税」が課せられること。年間、2万円くらいだったかな・・・。
「適切な飼い主」でないと判断されると、犬が飼い主の元から引き離されること。

それ等の犬を保護する施設がドイツ内に500ヶ所あり、
これらの施設は、寄付等で賄われているということ。
それも、素晴らしい環境と設備、そしてスタッフ、獣医・・・が。

何よりも驚いたのは、ドイツには『ペットショップ』が一軒もないこと!
犬を飼いたい人は、ブリーダーか上記の施設でワンを見つける。

日本で殺処分される犬の三分の一はペットショップから流れてくる犬達です。
<売れ残り><子供を産めなくなった親犬>・・・・

ペットショップで買ったワンの親達は、その子達の大いなる幸せに反して・・・
寂しく、殺処分されている場合もあるのですね。

日本とドイツのこの違いは一体何なんでしょうね。。。。

 _________________________________________


番組自体ですが・・・・

犬好きを自認する浅田美代子さんですが、
施設で短期間の担当を任された犬にタジタジ。

その犬に触れるようになったのは、何と4日目。(笑)
過去、虐待を受けて飼い主から引き離されたその犬。

どう見ても、浅田さんがその犬の心を開かせたと言うより、、、、
犬の方が浅田さんの「大きなワン苦手」を克服してあげた感じ。(爆)

 _________________________________________


それと、ドイツの犬達は、躾がしっかりされていて、
街の中でもノーリードで飼い主と散歩。車も人もいっぱいの中。

電車やレストランの中もフリーのようです。。。。(この時は、要リード?)
日本は、ドッグカフェとかでワンワン吠える犬達の中で人間がお食事。

犬がどうというより飼い主の意識なんでしょうね。

日本は、つこないだまでクサリにつないで外飼いしていたのを
それ程意識もせずに、さっさと家の中に入れて家族の一員としている感じです。

その施設のあるスタッフが、「躾あっての自由!」ということも言ってました。

ま〜、エラソーに書いてしまいましたが、うむむ〜!と思った番組でした。
(今回、写真ナシで〜す)



[PR]

by billmon45 | 2012-01-25 09:55 | アール


<< ノリノリのビッグバンドはこれだっt!      狂喜乱舞! >>