週刊アール neo 2

lester.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 08日

頼りになるナビゲーター(富山オープリーも)

車のラリーとかで、助手席に座りドライバーの手助けをする人をナビゲーターと言う。

仕事先で道に迷っても・・・アールがいれば・・・ダイジョーブ!

どこが〜??  
d0238057_22104027.jpg



第6回富山オープリー(コンサート)に行って来ました。
本場アメリカのカントリー音楽の殿堂、グランド・オール・オープリーに習って
つけられたネーミングです。

富山城の横、石畳の上をスマートな市電が走っています。
会場は、左の建物(富山国際会議場)。
d0238057_222053100.jpg


会場にはカントリー音楽にはツキモノの星条旗が・・・・
右にいる人達は、音楽に合わせて全員同じ振り付けで踊る人達です。
d0238057_22104560.jpg


年配の方はご存知?往年のコミック・バンド「ドンキー・カルテット」。
リーダーは、先日亡くなった小野やすしさん。
そのドンキー・カルテットの生き残り最後のメンバー、ジャイアント吉田さんです。

昔のドタバタ・ネタも披露してくれました。笑!
d0238057_22104986.jpg


次は、当日、私の一番のお目当て、尾崎ブラザースさんです。
兄弟二人合わせて、、、160才オ〜バ〜!
10年程前に金沢にも来てもらったのですが、相変わらず元気元気!!!

尾崎ブラザースさんのアイドルは、アメリカの「ルービン・ブラザース」(兄弟バンド)。
(麻生元首相がリーマン・ブラザースと間違えてルービン・ブラザースと言ったことがありましたネ)
麻生氏、ルービンを知っていたのか・・・。

ステージでは、バックに「介護班バンド」を従えて颯爽とした歌と演奏でした。
ワン・マイク・セッティングも最高。
(各人一本一本マイクの前に立つのではなく、ボーカルも楽器も全て1本のマイクです!!)
d0238057_22105233.jpg

尾崎ブラザースさんのCDを買って帰りました。
そのCDを聞きながら、帰り道が近く感じられた1時間でした。

しかし、アメリカでも兄弟合わせて160才なんてバンドは、もう存在しないみたいです。
カントリーやブルーグラスには兄弟バンドがいっぱいいるんですが。
尾崎お兄さんの方が「ま〜、大抵どちらかが欠けていますよね〜。がはは!」
と言っておられました。

ご本人達、90才までがんばると仰っていました。
楽屋まで入らせてもらった私は、CDにサインをしてもらって、
しっかり激励させてもらいました。

生楽器やコーラスは本当に楽しいです!

   ___________________________________


会場のロビーでは、軽食&飲み物コーナーも。
アノ有名な「ますの寿司」の身の薄さにお嘆きの貴兄には・・・・
「厚身のます寿司」ありまっせ。

私は、近くの末広軒のワンタンメンを食べていたのでコレは食べませんでした。
d0238057_2221081.jpg



んじゃ!
[PR]

by billmon45 | 2012-10-08 22:55 | ブルーグラス音楽


<< 海は、素敵だぜ  (失笑)      夏の名残り・・・ >>