2013年 06月 30日

イヌと犬の違い


ふと、アールがウチにやって来た日の写真を見た。

「アール、おまえこんな顔してたんだ。プッ」
その日に、後ろに植えられていたブドウの幼木を抜いてくれました(初仕事)。

2005.1.18 10ヶ月齢、、、、すでに体重20kgオ〜バ〜!
d0238057_163133.jpg



同じ場所で写真を撮ってみた。
現在、2013.6.30   8年後です。
d0238057_16301732.jpg

私が作った3Lサイズのドッグ・ハウスも殆ど使わなかったなぁ。
最初は外飼い予定でした。


    _____________________________________



お話変って。
通りがかった子供達が遊んで行きました。
d0238057_16374843.jpg



股くぐりをさせたいらしい。笑
そのテにのらないアール。
d0238057_1638617.jpg

この中の一人の子が、大人しく吠えないアールを見て、
「もともとですか? しつけですか?」としっかりした口調で聞いてきた。
ちょっとドキ。笑

私は、「半分、半分だね〜」と応えた。


そして、私の敬愛する元盲導犬訓練士のNさんの言葉をちょっと思い出したりした。

>吠える犬がいて当然。
>引っ張り・飛びつき・拾い食い・ちょろちょろ歩きもあって全然おかしくない。

>それらのどれを許しどれを許さないか、どんなわんこに育てるか、
>すべては飼い主であるあなたに委ねられている。
>つまり、変わるのはわんこではなく飼い主の意識と技術というのが
>私のゆるぎない信念である。


Nさんは、よく、イヌと犬という言葉を使い分けてもいる。

>だけど絶対に見過ごしてはいけない一点がある。

>例えば犬の感染症フィラリアは媒介する蚊がいなければ犬には何の影響も与えない。
>それと似たようにヒトがいなければイヌはイヌのままでいたことだろう。

>イヌは人が関わってこそ犬になったという自覚と責任を持って暮らしたい。
>それができないならイヌはイヌとしてつき合うべきである。

>中途半端にイヌと暮らし、犬に育てているのにイヌ扱いされる犬を見るのが
>私には一番つらい。

・・・とも。

最初、Nさんの言う、イヌと犬の違いがよく分からなかったけど、
ちょっと分かってきたような気がする。

今日は、久しぶりにアカデミックな話題だな!(何処が!)


んじゃ!


宜しかったらココ応援ポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村




[PR]

by billmon45 | 2013-06-30 17:03 | アール


<< 夏こそ、、スキー場!      ラブラドール採集、、成功! >>