2014年 03月 03日

日本に残る「犬と人間」の感動的伝説!


いきなり、変な写真ですが。

実在するバス停です。('03.徳島にて撮影)
犬墓という地名も実在しています。
d0238057_14574187.jpg



四国は、弘法大師(空海)のゆかりの地としても有名で、
四国遍路八十八カ所(寺)として、現在も多くの人達が訪れる地です。

その結願(終点)、八十八番札所・大窪寺から一番札所・霊山寺に戻る道筋にコレがあります。
その名の通り、弘法大師を守って命を落としたと言われている犬のお墓があり、お堂も建立されています。




八十八カ所のお遍路(歩き)を終えて、
お礼参りの為に一番札所を目指す道をとぼとぼ歩いていた時、
このバス停を見つけた時には少しビックリしました。

意味が分かって、、、ホッ。

今回、この写真が出て来たので、色々検索してみました。
日本各地に、多くの、人間と犬の関わりの話(伝説)が残っているんですね。



              超久しぶりにホームベーカリーを使ってパンを焼きました。
d0238057_14580807.jpg



そう言えば、随分前、信州に住んでいた頃、「ひかりごけ」を見ようと、
南信の光前寺に行ったところ、「ひかりごけ」にも感動しましたが、、、
そこにも、犬にまつわる伝説が残されていました。

『霊犬、早太郎の伝説』

これは、面白い紙芝居?があるので、それを紹介します。


(この話は、お隣、遠江国(とおとうみのくに)では、
 『悉平太郎(しっぺいたろう)』という名前で伝わっているみたいです。)


この早太郎も、光前寺にお墓がありました。


                       

                     冷凍していたジャムをとかしています
d0238057_14581935.jpg


長い人間と犬の付き合い。
きっと世界にも同じような話が残っているんでしょうね。

やはり、人間と犬って少し特別なつながりがあるように思います。




学術的??な論文でこんなのもありますね。
これも面白いです。


ここに書かれているように、
忠犬、、というよりも、伝説に残されている話を読み進んだりして行くと、
義犬、、という言い方の方がピッタリくるような気がします。




               早く帰りたいアール
d0238057_16043643.jpg


今日は、アカデミック?な記事になってしまったわい!!!



   PS:武田泰淳の「ひかりごけ」という小説もありましたね。
      三国連太郎が出演して映画にもなっていました。
        
     「あの映画、、、恐かったですね〜」(淀川長治風に)



んじゃ!



やはり、犬はエライ!かも、、、と思ったらポチしてやって下さい!

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]

by billmon45 | 2014-03-03 16:21 | アール


<< 穏やかな海      全く雪のない北陸に、、、春が来た? >>