2014年 03月 22日

スティーブン・フォスターも犬の歌を作ってた!


アールの夜警、復活!
d0238057_16140343.jpg


最近、フォスターの音楽に「はまって」います。
今日は、ごゆっくりお付き合い下さい。(音楽2本アリ!

スティーブン・フォスターって、こんな人!



「草競馬」「オールド・ブラック・ジョー」「オー・スザンナ」
「スワニー河」、、、、

「主は、冷たい土の中に」は、小学校の頃、縦笛でやったなぁ。
ソ・ラ・ソ・ミ・レ・ド・・・・笑

そして、ケンタッキー・フライド・チキンのテーマ曲?「ケンタッキーの我が家」もフォスター。  etc.





彼が生きていた時代は・・・

日本では、江戸時代の最末期の頃。
本国アメリカでは、南北戦争の時代。

当時は、CDやレコードのない時代、譜面(楽譜)の販売が収入源だったそうですが、
大手の出版社に、その殆どが吸収されてしまったそうです。カワイソー

定宿にしていた安ホテルで転倒、頸動脈を切って、、、亡くなったそうです。
37才で亡くなったこの時、彼のポケットには、わずか38セントしかなかったそうです。



そんな彼の死後、発表されたのが以下の「Beautuful Dreamer(夢見る佳人)」。




     (フル・スクリーンで見るとハクリョク!? 絵がチョット、ナニですが・・・笑)






他に、調べて行くうちに分かったのですが、フォスターの作品には、
飼い犬への愛情を歌った「Old Dog Tray(老犬トレイ)」という曲がある事が。 





この曲、曲の一部ですが、動画がありました!

歌詞は、コチラにあります!

う〜ん、犬飼いにとっては、なかなか沁みる歌詞ですね。。。。。






カントリー音楽でも、犬の事を歌った歌が何曲かありますね。
プレスリーも歌ってましたね、確か、「Old Shep」

ブルーグラスでは、「Dog House Blues」「Salty Dog Blues」、、、

サミー・デイビス Jr が歌っていた「ミスター・ボージャングル」にも犬が出てきます。
日本では、中川五郎さんが日本語の歌詞を付けて歌ってました。




しかし、日本は、犬の映画は沢山出来るけど、犬の出て来る歌って少ないような気がします。
(な〜んでか?フラメンコ)

・・・あ、あった!「犬のおまわりさん」・・・・うむ。笑




ま、今日は、こんなカンジです!



んじゃ!



フォスターの音楽ってエエな〜と思われた方、宜しかったらポチぷり〜ず!です。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]

by billmon45 | 2014-03-22 16:41 | 音楽・その他


<< 愛犬に、年齢を追い越されるとい...      寒いっす! >>