2014年 04月 28日

ノーリードは、絶対だめなのか!?


久しぶりに、幼なじみの奈々ちゃんに会ったら・・・
何だか、仙人のようになっていた。


悟りの境地なのか。笑
d0238057_00014585.jpg




d0238057_00033886.jpg




d0238057_09312804.jpg


まだまだ「修行」の足りないアールだった。。。あはは



   ____________________________


ノーリード(引き綱ナシ)は、絶対にNGなのだろうか!?


   (今回は、、、が多いです。ヨロシクお願いします。ペコ)




私は、状況さえ許せば(これは、私の判断でしかありませんが)、
時々ノーリードにします。

誰もいない海岸や河原等。誰もいない行きつけの公園。早 朝&夜の散歩。
海岸や河原は、広いので他人・他犬との接触機会は少ないですね。
問題は、公園や近所の散歩でしょうか。



先ず、私がノーリードにしている時の様子を書いてみます。
(これは、私が毎日行っている公園での事です。
それ以外では、基本的にリードをつけます)


誰もいない公園でフリーにしている時、他の人達が公園に入って来たら、
もしくは、入りたそうにして、こちらを気遣っているような時には、
アールを 呼んでリードに繋ぎます。


あまり他犬との遭遇はないのですが、
他犬が公園に入って来た時は、同様にアールを呼び戻すか、
離れた場所でオスワリ(待機)をさせます。
いきなりの接触はさせません。

状況によっては、こちらが、即、立ち去る事もあります。


逆に、他犬が先に公園にいる場合ですが、これもリードに繋ぐか、
他犬から離れた場所で待機させます。
こちらを見て、犬が興奮して吠えたり、飼い主さんに
「入って欲しくないオーラ(笑)」が出ていたら、公園には入らずに立ち去ります。


飼い主同士で会釈等をして、お互いに「その気」があると
分かった時には、手順を踏んで犬を接触させます。


要は、どちらにしてもいきなりの接触はさせないという事です。
アールは、私がコントロールしています。

それと、公園は、あくまで人間のものだという認識は忘れないようにしているつもりです。
人間>犬 ですね。



早朝&夜、近所を散歩する時も、
他の犬と道で遭遇しそうになった時は、基本的にこちらが脇道にそれるか、
逆戻りをして遭遇を避けます(笑)。
回避 が難しい時は、勿論リードを付けてすれ違います。



いつも行く公園には、もう5~6年通っています。
行くのは朝と夜なので一般の人や子供たちは殆どいない時間帯ですね。
でも、最初の3~4年は、公園に入ることは一切なかったです。
アールが落ち着いてきた頃から使うようになりました。


実は、この公園の入り口には、犬の放し飼いはやめましょう、、、
の注意書きがあります(あちゃ)。

ま、これで許してもらおうという訳ではありませ んが、
毎朝、アールの運動後のクールダウン中とかに、
ゴミ拾い&他犬のOンチ拾いをやっております。笑
あまり広くない公園なので、それは可能です。



d0238057_12300652.jpg




ノーリードに関して・・・。


一部に、ノーリードは絶対にダメだというような風潮があることに関して。


勿論、私も含めてワンの飼い主さんがもっともっと自覚を持って
飼い犬を育てれば、ノーリードで堂々と街中を歩いて、
周囲に迷惑をかけるどころか、
楽しい出会いも期待できるようになると思うのです。



つい2~30年?くらい前までは、雨が降ろうが、雪が降ろうが、
犬の首にクサリをつないだまま外で飼っていた我々日本人の飼い主たち。

それが常識だった時代。

そんな時は「犬の室内飼い」なんて非常識どころか、
アホちゃうか!!!の世界でした。

それが今では、逆転、外飼いしている飼い主さんに対して
使われる言葉になったようにも思えます。

常識は、、、、変わる!?



最近、ドイツでワンと暮らしている方と知り合いになりました。
ドイツのワンたちの伸び伸びとした姿をブログで拝見させてもらっています。
フリー (ノーリード)で飼い主さんたちと散歩を楽しんだりしています。
そして、他のワン達とも交流しています。
(勿論、全ての場所がノーリードOKではないと思います)



私、思うんですよね。


ノーリードが非常識という今の日本、いつか、例えばドイツのように、
一定の場所でのノーリードが常識のようになったらきっと素晴らしいのにな~と。

(んなら、オマエがドイツに行けばいいじゃん、、、なんて言わないでね~)


ま、現状からすると、実現するとしても、
かな~~~り先のように思えます。

いきなり、外から家庭内に入れたワン達に翻弄されている
(例えば、飼い犬に噛まれたり、愛犬の顔色を見ながら恐怖からがらゴハンを与えたりの)
飼い主さんがいたりする?日本ですものね。笑



以上、私の思うノーリードに関する考え方です。

少しずつでもワンと人間のコミニュケーションが深まって、
よりよいワン達との生活が出来るようになると良いなぁと思っています。

        (我が家、年から年中、ノーリードではないでっす。念のため)




PS:だから、何と言うか、犬を犬の飼い主だけのものにして、
   犬を知らない人との間にバリアを作るような考えや、
       行動はあまりしたくないなぁとも思っています

       犬嫌いな人には、1cmたりとも犬を近づけない!
       というのも正論だとは思うのですが。
   
    
   ・・・・わたしゃ、カマキリがきらいじゃ!




(追記)

これを書いていて、、、思いました。
ノーリードとかの話題以前に我々飼い主のマナー・アップが前提でしたね。

ペット・ブームのようなものは、早く去って欲しいと思いました。つくずく。
ブームというのは、やはり上辺だけの世界のような、、、、。




  ____________________________



お隣のキャバリエのチョコちゃんのハウスに、
Oロネコの「不在配達通知」が入ってました。


何が届いたんだろう!! 爆
d0238057_12012976.jpg



ここまで、読んでくれて、どうも有難う!ございます。




んじゃ!!!




宜しかったら、アールの頭にポチを一発かましてやって下さい!

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]

by billmon45 | 2014-04-28 12:09 | アール


<< アール、ダンプカーの運転手に・...      アールを飼っていて、、嬉しくなるコト >>