2014年 05月 25日

「やぎたこ」ライブ!

今回は、音楽ネタです。宜しかったらおつき合い下さい。




「やぎたこ」さんのライブに行って来ました。
  (やぎたこ=やなぎさん+たかこさん)


今回で何回目になるのかな。
地方住まいの我々にとっては、貴重で嬉しいライブです。

やぎたこさんが歌うのは、アメリカの古い歌が中心。
すべて、原語(英語)で歌われます。

(それぞれのソロ活動では、日本語のオリジナルとかも歌っているそうです)

d0238057_13532273.jpg




アメリカの南北戦争の頃からの歌達。

それと、フォスターの歌も。
d0238057_13533313.jpg


ところで、最近はフォスターを知らないという子達が増えているそうな。
学校の音楽の時間では、ユーミンや中島みゆき、、、、の歌が教科書に。
高校の音楽ではAKBを取り上げるところもあるあるそうだし、、、うむむ!

フォスターは、すっ飛ばされてしまったのか。笑
流行の歌をわざわざ学校で取り上げなくてもいいような気がするのですが。。。。





     歌の説明も楽器の説明もちゃんとしてくれるので分かり易いライブです。
     たかこさんが持っているのは、ダルシマーという古い楽器。

     やなぎさんの持っているのは、ウッド・バンジョー?
     ペリー来航の時、アメリカ人達は、バンジョーを黒船に積んで持って来ていました。
d0238057_13534731.jpg





南北戦争の頃に歌われた歌。
「ジョージア行進曲」も歌ってくれました。
d0238057_13535760.jpg



この「ジョージア行進曲」

日本では、大正時代くらいかな、その頃に、
「東京節」として日本語歌詞を付けられて大流行。
知ってます??
これを聞いてみて下さい。

どこかで聞いたハズ!?





ここで、バイオリンを持って歌っている人(桜井敏雄さん)、
こんな人たちを演歌師と言ってました。
街頭で歌う! ストリート・ミュージシャンの元祖!

歌詞が変わったり、国境を越えたり、、、
時代を超えて歌われて行く歌達。
これがフォーク・ソング、、とも言えるのかな?



    ____________________________




私、普段もフォスターの音楽をほぼ毎日聞いています。笑

以下、チョット余談。

1930年〜40年代に大活躍した、
私の大好きなカントリーのコーラス・グループ 、
Sons of The Pioneers(サンズ・オブ・ザ・パイオニアズ=開拓者の息子(子孫)達?)も
フォスターの作品を多く取り上げています。

私が数えただけで、15曲ほどありました。

d0238057_16222957.jpg



話が逸れたついでに・・・
ロイ・ロジャース(パイオニアズのメンバー)の動画もどーぞ!
愛馬の名前はトリッガー。






音楽の話は、つきないな〜!笑




次回、また近いうちに会えそうな「やぎたこ」さんでした。



んじゃ!

[PR]

by billmon45 | 2014-05-25 15:29 | 音楽・その他


<< 人間用フレキシブル・リード現る...      バ〜ラが咲いた〜! >>