週刊アール neo 2

lester.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 25日

これが、シーザー・ミランなの!?(追記アリ)

(追記:色んな方からコメントを頂きました。
 その中で、私の認識の違いがある事も分かりました。
 宜しかったら、コメント欄もご覧下さい)


犬を飼っている人で、この人の名前を知っている人は多いのかも。


私も名前は聞いた事がありましたが、
これまで、特別興味もわきませんでしたので
ビデオ等、見た事がありませんでした。

シーザー・ミランという人です。
犬の調教?訓練?のカリスマとも呼ばれているらしいです。

今日、犬関係のブログから、つい、この人のYouTubeの動画を見てしまいました。

シーザー・ミランってこんな事(方法)をやっているんですね。
正直、かなり驚きました。

動画の途中で思わずPCの画面を殴ってしまいそうになった私です。ホント

衝撃的な場面が出て来ます。
御覧になる方は、覚悟して見て下さい。







話されている言葉がわからないので、
私の勝手な解釈ですが、、、


多分、このラブラドールがエサを食べる時に
飼い主に対して「唸ったり威嚇したりする」という悩みを
シーザー・ミランに解決してもらおうと・・・
そんなような内容ではないかと??

それに対して、シーザー・ミランの対応はどうでしょうか?
完全に力や威圧によって犬を制圧しようとしている様子です。
「サーカスの猛獣使い」を思い出しました。

途中、失敗して噛まれています。
もし、相手がライオンだったら・・・。

彼は、ものすごく人気があるそうで、
DVDも沢山出しているそうです。

その中には、
暴れる犬を一発で大人しくさせたり
するような場面がきっと出てくるのでしょうね。

でも、私は、この人の事は好きになれそうにありません。
ケガを覚悟の「対処療法」としては良いのかも知れないけど。
根本的な解決にはならないでしょう!


そして、何よりも悲しかったのが、この犬が
アールと同じ犬種のラブラドールであること。
ラブラドールのこんな姿は見たくない。

私のこの動画に対する経緯の推察が正しいのなら、
何でこんな犬にしてしまったのか?
飼い主は何をやっていたのか!怒


(もし、この状況の詳しい内容が分かる方で、
 私の解釈が間違っていたら御指摘下さい)




この事で、飼い主にキバをむき、加えて、噛みつくラブラドールを作り上げてしまったのでは?




    ______________________________________




アール、上がりたくて、誰もいないところで
「ひとり、*チョンチョン」をやっていたらしい。笑


マットが手前にズリ落ちていました。
d0238057_21505116.jpg
*我が家では、何かしらアピールする時は、
 前足でチョンチョンとサインを送れ!と教えています。




んじゃ!


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
いや、ほんまにPCの画面を殴ってしまいそうに。
アホか!シーザー・ミラン!
その後、落ち着いた私です。笑




[PR]

by billmon45 | 2015-04-25 21:59 | アール


<< 頭を冷やせ      大好きなUさんに会えた、11才! >>